« カティア・ブニアティシヴィリさんは美人でグラマーなピアニスト | トップページ | キヌアが糖尿病、生活習慣病ダイエットや食料不足問題に貢献 »

2016年5月24日 (火)

小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが女性誌「婦人公論」で対談

小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さん
小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが女性誌で対談記事


STAP細胞の論文問題で話題になった小保方晴子(おぼかたはるこ)さんと、小説家であり天台宗の尼僧である瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)さんが、2016年(平成28年) 5月24日発売の女性誌「婦人公論」(2016年6月14日号)で対談されました。


7ページにわたる小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんの対談記事の収録は、4月に京都・嵯峨野の瀬戸内寂聴さんが開いている寺院「曼陀羅山 寂庵(まんだらさん じゃくあん)」で行われました。

2014年のSTAP細胞をめぐる問題から約2年経った小保方晴子さんは白いワンピース姿で、ずいぶんお痩せになったようですが、瀬戸内寂聴さんとともに微笑んでいます。

小保方晴子さんは、現在の生活のこと、家族や研究への思い、自身の未来などについて語っています。

瀬戸内寂聴さんは、今も自由に外出できずにいる小保方晴子さんに同情して「上を向いて生きなさい」と励まされています。


heart01「婦人公論」 <ーー







heart04小さな幸せ

heart04私の事典

heart04ありがとう

heart04意味

heart04女性誌の話題


小保方晴子さんと瀬戸内寂聴さんが婦人公論で対談








« カティア・ブニアティシヴィリさんは美人でグラマーなピアニスト | トップページ | キヌアが糖尿病、生活習慣病ダイエットや食料不足問題に貢献 »

素敵な人」カテゴリの記事