« 十五夜(中秋の名月) | トップページ | フォーミュラE »

2014年9月 8日 (月)

池上彰の新聞ななめ読み

池上彰の新聞ななめ読み


私は朝日新聞を購読しています。(各新聞を見比べて選択したわけではなく、たまたま、販売所が近くにあって、子供の頃から読み慣れているだけです。)
ニュースの他、天声人語や社説は毎朝読むとして、有識者の「インタビュー」や「耕論」の紙面や、「科学」の紙面、さらに土曜版の別冊「be」や、日曜版の別冊「GLOBE」などはじっくり読みたいので、時間がない時は、抜き出しておいて空いた時間に読みます。
(万葉集を味わえる「万葉こども塾」のコーナーも好きです。)


そして、毎月最終金曜日の朝日新聞の朝刊に掲載される「池上彰の新聞ななめ読み」が興味深いです。
ジャーナリスト・池上彰さんが話題の事件について、全国紙(朝日新聞,読売新聞,毎日新聞,産經新聞など)の紙面を比較・論評されています。
このコーナーは、一般の読者向けですが、私は、朝日新聞の記者を始め、他新聞の記者も注目して戒めているのではないかと思います。
私は、池上彰さんが朝日新聞の紙面で、どこまで朝日新聞を批判できるのだろうかと思いながら、興味深く読んできました。
そんな折、皆さんも御存知のように、2014年(平成26年)8月29日の「池上彰の新聞ななめ読み」の掲載が見送られる事件が発生しました。
(結局、朝日新聞と池上彰さんとの話し合いで、9月4日に、「慰安婦報道検証/訂正、遅きに失したのでは」の見出しで掲載されました。)
内容は、朝日新聞の慰安婦問題に関する検証と訂正の記事(8月5日,6日)に関する池上彰さんの批評でした。
私は、池上彰さんの批評を読んで、何度も頷きました。
朝日新聞は、多様な言論を大切にするべく、池上彰さんの批評を掲載されましたが、単に、掲載するだけでなく、池上彰さんの批評の内容について、今後どのような行動をとられるのか、注目していきたいと思います。
池上彰さんには、今後もこのコーナーを続けていってほしいと思います。私にとって小さな幸せです。


pencil池上彰の新聞ななめ読み
http://urx.nu/bKpI
最新の記事はサイトで無料で読めるようです。


book池上彰「知らないと損する 池上彰のお金の学校」


book池上彰「おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」



池上彰

typhoon池上彰「世界を変えた10冊の本」








heart04小さな幸せ

heart04私の事典

heart04ありがとう

heart04意味







« 十五夜(中秋の名月) | トップページ | フォーミュラE »

時事問題・社会問題」カテゴリの記事