« 宮川春菜さんは注目のギター奏者です。 | トップページ | 大岡越前「子争い」は、「負けるが勝ち」の例だと思います。 »

2014年8月22日 (金)

アイス・バケツ・チャレンジ

アイス・バケツ・チャレンジ(アイス・バケット・チャレンジ)YouTube 動画


2012年のノーベル医学・生理学賞の受賞者で、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が、頭から氷水をかぶりました。

といっても、血迷ったのではありません。

筋委縮性側策硬化症(ALS)の認知を高め、支援するためのキャンペーン「 ALS アイス・バケツ・チャレンジ(ALS Ice Bucket Challenge)」なのです。(日本では、アイス・バケット・チャレンジとも言われているようです。)
ルールは、バケツに入った氷水を頭からかける様子を撮影して、フェイスブックや、ツイッターや、ユーチューブ(YouTube)などで公開するか、あるいは、100ドルをアメリカALS協会に寄付します。
そして、そして次にやってもらいたい人物を3人指名し、指名された人物は24時間以内にいずれかの方法を選択します。
もちろん、強制ではありません。

ALS アイス・バケツ・チャレンジは、アメリカで始まり、趣旨に賛同した著名人によって、すごいスピードで広まり、日本でも、芸能人(浜崎あゆみ)や、スポーツ選手(香川真司)や、財界人(孫正義、三木谷浩史)らがアイス・バケツ・チャレンジをしています。

最初、この運動を聞いた時は、風邪をひいたり、心臓マヒになったりしないの? と思いました。 また、馬鹿げたパフォーマンスが一人歩きしているのではないの? と思いました。
しかし、これによって、チャリティーの輪が広がるきっかけになるなら、素晴らしいことだと思います。

それにしても、「有名人が参加」、「3人指名」、「24時間以内」、「SNSで公開」ということで、拡散の仕方が凄いです。。







アイス・バケツ・チャレンジ 動画


ソフトバンクの孫正義さんが氷水をかぶる動画






アイス・バケツ・チャレンジ 動画


乙武洋匡さん、古田敦也さん、楽天の三木谷浩史さんが氷水をかぶる動画






アイス・バケツ・チャレンジ 動画


ビル・ゲイツが、装置を作って、氷水をかぶる動画。
ビル・ゲイツは、マーク・ザッカーバーグからの指名です。







筋萎縮性側索硬化症


筋萎縮性側索硬化症きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)とは、神経線維が破壊されて筋肉が萎縮していく進行性の難病で、特定疾患の一つです。
手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだん萎縮して力がなくなっていく病気で、治療法も確率されていないそうです。
呼吸に必要な筋肉がマヒしていくのですから、命にかかわります。
国の難病対策として、筋委縮性側策硬化症の認定患者は、公費対象の特定疾患として、医療費の一部あるいは全額が公費(国または公共団体の費用)で負担されます。

flag 筋萎縮性側索硬化症について
http://urx.nu/bdXg
筋萎縮性側索硬化症は、上位・下位運動ニューロンを系統的におかす変性疾患

flag 筋萎縮性側索硬化症 疾患別Q&A
http://urx.nu/bdXi
・筋萎縮性側索硬化症とはどういった病気なのでしょうか?
・筋萎縮性側索硬化症の症状について教えてください
・筋萎縮性側索硬化症の治療法はどのようなものがあるのでしょうか?
・筋萎縮性側索硬化症の経過はどのようなものでしょうか?


flag 日本ALS協会
http://www.alsjapan.org/jp/index.html
ALSという病気の概略や、ALSアイスバケツチャレンジの趣旨や、寄付の振込先など。


flag 特定疾患治療研究事業対象疾患一覧表(56疾患)
http://www.nanbyou.or.jp/entry/513
公費対象の特定疾患は、筋委縮性側策硬化症の他にも、クローン病、パーキンソン病、悪性関節リウマチなど56が指定されています。






ALS

flair新ALSケアブック 筋萎縮性側索硬化症療養の手引き

第1章 ALSとは
第2章 治療研究の現状
第3章 嚥下障害と栄養障害
第4章 呼吸障害
第5章 コミュニケーションの問題
第6章 リハビリテーション
第7章 心理的ケア
第8章 日常生活におけるケア
第9章 ケアネットワーク
第10章 ALSとともに








heart02小さな幸せ

heart02私の事典

heart02ありがとう

heart02治療と予防

heart02病気の治療

heart02アイス・バケツ・チャレンジ(アイス・バケット・チャレンジ)















« 宮川春菜さんは注目のギター奏者です。 | トップページ | 大岡越前「子争い」は、「負けるが勝ち」の例だと思います。 »

時事問題・社会問題」カテゴリの記事