« ムークス(MOOCs)は、無料のオンライン授業です。 | トップページ | マナティーは、ジュゴンと同じように人魚伝説のモデルになった癒し系の生き物です。 »

2013年3月10日 (日)

田原俊彦さんと松田聖子さんが出演されたグリコアーモンドチョコレートのCM動画

田原俊彦さんと松田聖子さんが出演されたグリコチョコレートのCM動画
(1980年 グリコ アーモンドチョコレート、セシルチョコレート)
松田聖子と田原俊彦のグリコアーモンドチョコレートCM動画

(*)グリコ アーモンドチョコレートの動画(YouTube 動画)
http://youtu.be/2vkp45h9Qc8

想い出に残るテレビCMといえば、1980年に田原俊彦さんと松田聖子さんが出演されたグリコ アーモンドチョコレートセシルチョコレートのCMです。
当時、私は中学生でした。

今、このCM動画を見ると、何とも懐かしいというか、微笑ましい気持ちになれます。

高原の赤い電話ボックスで出会った2人が、街角やテニスコートで偶然に再会し、次第にひかれあっていく展開です。
トシちゃんの歌「ハッとして!Good」の歌詞をドラマ仕立てにした1分間のCMでこんなに甘酸っぱい気持ちになれるのは、まさに「小さな幸せ」です。

松田聖子

トシちゃんは爽やかで、聖子ちゃんは「ブリッコ」全開で可愛らしいですね。

このCMのロケ地は、リゾート観光地として有名な山梨県の清里高原です。
白壁のペンションのテラスで、アーモンドチョコレートを食べるシーンがありますが、このペンション「清里高原ホテル カントリーイン オーチャードハウス」は実在しています。暖炉でマシュマロ焼きのサービスがあるアットホームな雰囲気のようです。
朝日新聞の記事だったか忘れましたが、当時のエピソードで、トシちゃんと聖子ちゃんは、CM撮影の前夜にこのペンションに到着したようです。




聖俊コンビ
田原俊彦と松田聖子

トップアイドルとして超多忙だった二人にとって、避暑地でのCM撮影は癒されたそうです。

清里高原

ラストの高原の道を自転車で走り抜けるシーンで、台本には手をつなぐ予定はなかったのですが、自然な雰囲気の中で、トシちゃんが右手を差し伸べると聖子ちゃんが左手で応えました。

松田聖子と田原俊彦のグリコチョコレートのCM動画

結局、トシちゃんのファンから抗議があったりして、グリコCMでの二人の共演はこれが最初で最後となりました。

私は聖子ちゃんのファンで、少ない小遣いでレコードや雑誌を買い、ファンクラブにも入っていたほどですが、トシちゃんに対して、嫌悪感は全くありませんでした。

松田聖子クリスマスのディナーショーはプラチナチケット

聖子ちゃんは、郷ひろみさんのファンであることを公言していましたが、トシちゃんとのCM共演や番組共演を通じて、もしかしたら、グリコCMでも共演していた山口百恵さんと三浦友和さんのように結婚するのかも、と思っていたぐらいです。

松田聖子と田原俊彦

時は流れ、聖子ちゃんは芸能界で確固たる地位を築き、クリスマスのディナーショーはプラチナチケットになるほどです。(一度も行ったことないですが。。)
トシちゃんは、独立やビッグ発言で、目立った活躍がない時期がありましたが、最近はテレビでの露出も増えてきました。(たのきんトリオの再共演は実現しないのかな。。)


松田聖子の好きな歌の歌詞
heart04松田聖子

(*)松田聖子(まつだせいこ)プロフィール
生年月日 :1962年3月10日
出生名 :蒲池法子かまちのりこ
出身地 :福岡県
血液型 :A型
代表曲:あなたに逢いたくて,赤いスイートピー,大切なあなた,夏の扉,瞳はダイアモンド,SWEET MEMORIES,天使のウィンク,チェリーブラッサム,輝いた季節へ旅立とう,天国のキッス,時間の国のアリス,青い珊瑚礁,秘密の花園,白いパラソル,渚のバルコニー,裸足の季節,風立ちぬ,野ばらのエチュード,ボーイの季節,瑠璃色の地球


田原俊彦松田聖子
聖俊コンビ

ちなみに、グリコ アーモンド チョコレートは今でも売っているのかと思っていたら、仮面ライダーのシリーズのように、名称も変わり、進化していっているのですね。


(*)グリコ アーモンド チョコレート50年の歴史
http://www.glico.co.jp/otona/premio/history/index.htm

(*)江崎グリコ
http://www.glico.co.jp
「キャンペーン・CM」のコーナーで、現在放送中のテレビCM動画が見られます。

(*)グリコ チョコレート(お取り寄せ)
http://amzn.to/ZbE6Ys
グリコチョコレート


映画「野菊の墓」
松田聖子の野菊の墓
heart03映画「野菊の墓」(DMM動画)
<野菊の墓 あらすじ>
政夫(桑原正)の生家は醤油の製造業を営む旧家だった。数え年15歳の政夫は、その日、病弱な母きくの薬を取りに町へ向う途中、すれ違った舟の中に桃割れ姿の民子(松田聖子)を見つけて胸を躍らせる。民子は政夫の従姉で二つ年上の17歳。きくがわが娘のように可愛がっていて、政夫とは姉弟のように仲が良かった。やがて、きくの面倒と家事の手伝いをするため民子は政夫の家に住みこむようになり、二人の仲はいっそう親密になっていった。きくや兄の喜一郎は、そんな二人を気にも留めなかったが、兄嫁の初子は意地悪な目で民子をみつめ、奉公人のお増や常吉たちは好奇心も手伝ってあれこれ噂話をするようになっていた。民子と政夫は自由に話すこともできなくなるが、それが二人の想いを淡い恋ごころへと変えていった。秋祭りの日、政夫は道端に咲く野菊を見つけ、その可憐な美しさを民子にたとえるのだった。。。
(1981年 劇場公開)


松田聖子さんの名曲が美しいオルゴールの音色で癒します。
松田聖子ベスト

heart02「オルゴール 松田聖子 ベスト」(MP3ダウンロード)
<曲名(視聴できます。)>
・青い珊瑚礁
・赤いスイートピー
・大切なあなた
・渚のバルコニー
・小麦色のマーメイド
・風立ちぬ
・チェリーブラッサム
・天国のキッス
・秘密の花園
・Sweet Memories








sun小さな幸せ
http://slowhappiness.cocolog-nifty.com/

sun私の事典
http://d.hatena.ne.jp/mydictionary/

sunありがとう
http://arigatooo.exblog.jp/








« ムークス(MOOCs)は、無料のオンライン授業です。 | トップページ | マナティーは、ジュゴンと同じように人魚伝説のモデルになった癒し系の生き物です。 »

1980年代の文化、芸能、音楽」カテゴリの記事